対処法

ドッグフードは年齢に応じて変える?

これから犬を飼う時には、いろいろ問題を考えなければいけません。
病気になったらどうするか?飼えなくなる可能性はないのか?何年生きるのか?そして犬を飼う前に誰もが悩む問題は毎日の犬の食事です。
子犬から犬を飼う人が最も多いでしょうが、ドッグフードは年齢に応じて変えるべきなのでしょうか?

昔は人間と同じ食べ物を愛犬に与えていたという人も多いでしょうが、犬には与えてはいけないものも多く、今ではバランスの取れたドッグフードがいろいろなメーカーから販売されています。
ドッグフードは、犬の健康を考えた上で材料や栄養などを使用しているのが基本です。
その中でも、全年齢に対応したオールライフステージというタイプと、年齢別(ライフステージ)ごとに分けて販売されているケースと2パターンがあります。
人間と同じように、成長するに従って必要な栄養やカロリーの量も変わってきますから、できるだけ年齢に合った商品を選んであげるのが理想的です。
また、犬も人間と同じ哺乳類ですので、はじめはあまり固いものは消化できません。
また犬は人間よりも歳をとるのが早いため、年齢を重ねればどんどん胃腸は弱っていきます。
犬の年齢に応じてドッグフードの種類を変えていくことで、餌の問題は解決できます。
もちろんはじめて犬を飼う人は知識がないので、ペットショップの店員さんなど、犬に詳しい人に聞けばどのようなドッグフードが現在適しているのかを詳しく教えてくれます。
仔犬にはパピー用のドッグフードが販売されていて、栄養素もそうですが、食べやすいように柔らかく調整されています。
成犬になると食べる量が多くなるので、量を摂ってもカロリーオーバーにならないようにきちんと工夫されています。
犬のライフステージを大きく分けると、12カ月以下が成長期、1~7歳以下が維持期、7歳以上が高齢期になります。
さらに、雌犬の場合には妊娠や授乳期もありますから、そのライフステージにマッチしたドッグフードを与えてあげましょう。

このようにドッグフードは年齢に応じて変えてあげるのが犬にとってはベストで、その変え時は、ペットショップなどで犬に詳しい人に相談しましょう。