対処法

犬の体調とドッグフード

最近では犬を飼う人が増えていますが、犬は安易な気持ちで飼ってはいけません。
犬も動物なので、人間と同じように病気もすればご飯も食べます。
犬が病気になれば健康保険がない分人間以上に医療費がかかることの方が多いので、体調管理には十分に気を付けてあげなければいけません。
ここでは犬の体調とドッグフードの関係にスポットをあてていきます。

犬は赤ちゃんと同じように言葉を話すことができないため、体調不良は飼い主がしっかり感じてあげなければいけません。
体調不良は重い病気が原因の場合もありますが、餌であるドッグフードが原因で体調不良を引き起こすこともあります。
犬も人間と同じで便秘や下痢になることはあります。
そのような症状になっても1日か2日程度で治るケースは問題なく、もしも下痢などがそれ以上続くようであれば、原因がドッグフードにある可能性が高くなります。
犬にはアレルギーがあり、アレルギーの対象になる物質は大豆や小麦やトウモロコシや鶏肉など様々です。
また農薬によるアレルギーの可能性もあります。
アレルギーの症状には下痢の他にも体がかゆくなったり毛が抜けることもあるので、そのような症状がある場合はすぐに動物病院で診てもらいましょう。
犬はもともと肉食であるため、野菜や穀物の消化が苦手で、そのような成分が含まれているドッグフードを食べると消化不良となり、お腹の調子が悪くなることもあります。
もちろん肉食の犬にも野菜や穀物に含まれるミネラルやビタミンは必要なのですが、肉を多く含むドッグフードはどうしても値段が高くなるため、コストを抑えるために野菜や穀物を多く含んだ商品もたくさん販売されています。
したがってドッグフードを選ぶ時には、それに含まれる成分もしっかりチェックしてあげることが必要となります。

このように犬の体調とドッグフードには大きな関係があります。
多少の下痢や便秘は問題ありませんが、症状が続く場合は病院で診察してもらうことが必要です。
体調不良はドッグフードに原因があるかもしれません。