対処法

便からドッグフードを見極める

犬も人間と同様にご飯を食べれば排泄をします。
犬を飼う上で大きな問題になるのが便の処理です。
散歩に連れて行く時も、排尿はそのままでいいとしても、便は飼い主の役目としてしっかり片づけなければいけません。
そんな便から餌となるドッグフードを見極めることができます。
愛犬の便をしっかり観察することで、健康状態が分かり、ベストなドッグフードも把握できます。

愛犬の餌になるものがドッグフードです。
もちろんそれを手作りして与えてもいいし、市販のドッグフードを購入して与えても構いません。
与えるドッグフードにカロリーや栄養分が少なすぎると、犬も人間と同じように痩せてしまい、反対に多く与えると肥満の原因になってしまいます。
手作りのドッグフードを与える場合は、十分に気を付けなければいけないし、またカロリー計算をするのが面倒です。
したがって犬の餌について詳しくない人は、カロリー計算も簡単な市販のものを選んだ方がいいでしょう。
しかし、市販のものでも食事が合わないこともあります。
食事が合わなければ、便秘や下痢などの症状になって表れます。
犬の食事による体調の変化は、便を見れば良く分かります。
消化が悪い時に便秘になり、食材が合わない場合は下痢をします。
下痢は1度や2度で収まれば問題はありませんが、頻繁に起きれば食材が合っていないと考えるべきです。
添加物が多く含まれているドッグフードを与え続けて下痢を起こす場合もあります。
下痢が続いた場合におすすめなのは、無添加のドッグフードです。
ドッグフードはたくさんの種類が販売されていますが、特に安いものには注意が必要です。
コストを第一に考えているものは無添加ではなく、添加物が過剰に含まれているものが多いのです。
また餌の与えすぎも問題なので、どんなに犬が餌を欲しがっても、適量以上を与えないように注意しましょう。
また便に血が混ざっている場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

このように便によって犬の餌が合っているかどうかが分かります。
便秘や下痢が続く場合は、餌の種類を変えたり、量を調整して犬の体調を整えてあげましょう。