対処法

ドッグフードのガムはどんな時に必要?

人間と同じように、犬用のガムも販売されています。
ガムといっても人間のものとは形状や成分も異なるものがほとんどですが、ドッグフードのガムはどんな時に必要なのでしょうか?

ガムを全く噛まない人も多いでしょうが、日常的にガムを噛んでいる人はたくさんいて、特にスポーツ選手の多くはガムを集中するために噛んでいる人が多いとされています。
実はドッグフードのガムを噛んでいると犬も集中できると言われていて、ガムを噛ませるとおとなしくなるという効果もあります。
また人間用のガムにも虫歯予防のためにキシリトール配合の商品が各メーカーより販売されていますが、犬用にもキシリトール配合のガムがあるようです。
このようにドッグフードのガムは犬をおとなしくさせるためや、愛犬の歯のケアに利用することができますが、犬にガムを与えることは非常に危険なことと言う人もたくさんいます。
その理由は人間とは違い犬はガムを適当なところで噛み終えることができなく、ガムを飲み込んでしまうリスクがあるからです。
ガムを飲み込んでしまうと、消化されずに便としても排出されずに、異物として胃に残ってしまう可能性があります。
さらに意識的に飲み込まなくてもうっかり途中まで飲んでしまい、嘔吐する犬もいるようです。
犬の虫歯ケアのためにガムは欠かせないという人もいるかもしれませんが、もともと犬は口内で酸が生まれやすいために、人間よりも虫歯になりにくい特徴があります。
それよりも間違ってガムを飲み込んでしまった時には、開腹手術をしなければいけない場合もあるので、愛犬にガムを与える時には十分な注意が必要です。
もちろんそのことはメーカー側も十分に理解していて、誤飲しないように大きさを調整しているようですが、歯の力が強い犬はガムをひきちぎり小さくして飲みこんでしまった例もあります。

このように集中できたり虫歯ケアができる犬用のガムですが、くれぐれも愛犬にガムを与える時には、飲みこまないように注意して監視してあげる必要があります。