対処法

動物性栄養素の強いドッグフード

愛犬にも人間と同じように美味しいご飯をあげたいという気持ちは分かりますが、人間とは違い犬には動物性栄養素の高いドッグフードを選ぶなどの工夫をしなければいけません。
ここでは犬に最適なドッグフードについて探っていきます。

基本的には犬も人間と同じものを食べられます。
しかし犬と人間では栄養バランスは大きく異なります。
犬は人間よりもたくさんの種類、そして多くの量の必須アミノ酸をたんぱく質から摂らなければいけません。
犬にとって重要な栄養素がたんぱく質です。
たんぱく質にも種類がありますが、犬には良質な動物性たんぱく質が最も必要な栄養素です。
人間は野菜を多く摂らなければいけないため、愛犬にも多くの野菜は必要と考える人も多いようですが、犬はもともと肉食で、犬の消化器官は植物性たんぱく質の分解を苦手としています。
植物性たんぱく質では、犬の必須アミノ酸をまかなうことはできません。
犬の食事を手作りしている人も多いでしょうが、ドッグフードを穀物中心にすることは良くありません。
動物栄養学国立研究会議では、犬や猫には十分なたんぱく質を与えられていれば、炭水化物を全く必要としないようだと発表しているくらいです。
その他の専門機関においても、犬にとって穀物はなくても構わないという意見が多いようです。
実は犬にとって最も重要な動物性たんぱく質を多く配合することで、ドッグフードの値段が高くなってしまうため、多くのメーカーではドッグフードに単価が安い穀物類を含んでカサを増していると言われています。
したがって肉よりも小麦やトウモロコシなどの表示が先にきているようなドッグフードには注意が必要で、そのような餌では愛犬に十分な栄養素を与えられないかもしれません。

このように犬に最も需要な栄養素は動物性たんぱく質で、愛犬に十分な栄養を与えるには、ドッグフードの選び方には十分な注意を払わなければいけません。
安いドッグフードには、穀物類が多く含まれているケースが目立ちます。